f3.js
For those who create Internet of Things by code.

f3.js 本サイトに戻る

f3.js の使い方

このページではf3.jsの使い方を解説しています。

目次

  1. Intel Edisonのセットアップ (’16/06/16掲載)
  2. f3.jsによるIoTコンテンツ開発 (’16/6/23掲載)
  3. f3.js コマンドラインツール (’16/7/10掲載)
  4. f3.jsレイアウトマネージャ (’16/9/7掲載)

f3.js の更新履歴

v0.2.7 (2016/9/7)

v0.2.6 (2016/9/6)
プロジェクトに動画や画像の外部リンクを足せるようにした。文字列定数をエンドユーザがカスタマイズできるようになった。

v0.2.5 (2016/8/12)
細かいバグ修正と内部リファクタリング。今後の実装予定の整理。

v0.2.4 (2016/7/11)
細かいバグ修正とCLIf3js-cliパッケージ)の整備。

v0.2.3 (2016/7/1)
内部リファクタリングとプロジェクト編集ページの閲覧性と操作性向上。

v0.2.2 (2016/6/28)
プロジェクト編集ページのレイアウト更新とdrawPinLine APIの追加。

v0.2.1 (2016/6/23)
細かいバグ修正と APIドキュメントの追加。アクセストークンによるログイン機能の有効化。

v0.2.0 (2016/6/16)
α版一般公開。対応レーザーカッター・プログラム圧縮形式の追加。ユーザによるカスタマイズ項目追加機能を実装。

v0.1.5 (2016/6/10)
バグ修正とテスト中機能の統合準備。

v0.1.4 (2016/4/11)
エディタとインタフェースビルダをアップデートした。

v0.1.3 (2016/4/8)
複数ページのPDFを出力できるようにした。凹形状のかみ合わせ幅がおかしかった問題を修正。

v0.1.2 (2016/3/21)
非公開のIoTコンテンツを作れるようにした。「最近のダウンロード」欄を追加。

v0.1.1 (2016/3/14)
PDFが正しく出力されないバグ修正。デモで使用していたIoTコンテンツを追加。

v0.1.0 (2016/3/7)
α版初公開

関連リンク

記事投稿者: ( )
SUIWP s9kjorYIe54NaD6VIK3TF6C792gIKjY0